令和元年の秋のお彼岸

9月20日(金) 彼岸の入り
9月23日(月) お中日(秋分の日)
9月26日(木) 彼岸明け

日本で「春分の日」や「秋分の日」を中心にした一週間は「彼岸(ひがん)」と呼ばれており、
この日は仏教各宗派とも「彼岸会(ひがんえ)」と称してご先祖の霊をなぐさめ、成仏を祈る法要が営まれています。

春分の日と秋分の日に、ご先祖様の供養の法要を行えば、ご先祖様だけでなく自分自身も極楽浄土へ到達することができ、
またご先祖様への思いも最も通じやすくなるのではないかという思想が生まれ、
お彼岸にはご先祖様の供養のためにお墓参りをするという行事が定着していったようです。

お彼岸期間にはご先祖様の事を想いお墓参りや、家族で集まって仏壇をお掃除し手を合わせてお参りしましょう。